効果的なダイエットの食事法

炭水化物は夜に摂らない

 

炭水化物ダイエットという方法があるのを知っていますか?

 

炭水化物を摂ると太るという考えから、炭水化物を減らすというダイエット法です。

 

太る原因になっているとは言え、炭水化物を全く摂らないと言うのも問題です。

 

炭水化物は糖質に変わりますが、糖質は脳の唯一のエネルギーなので、炭水化物を全く摂らないと言うことは、集中力がなくなったりと、体に影響が出てくるようです。

 

炭水化物の摂取量を減らして、タンパク質などを中心とした食事をすることで糖質が減り、血糖値の上昇を抑えることが出来るようです。

 

そうすることで分泌されるホルモンが、中性脂肪を分解してエネルギーに変える働きをしてくれるようです。

 

それがダイエットに効果的なのです。

 

朝というのは、これから仕事をしたり勉強をしたりという人が多いと思います。

 

ですから、朝は糖質が必要となります。

 

朝や昼ご飯では普通通りに炭水化物を摂り、夜ご飯の時に炭水化物を摂らないというダイエットがおすすめです。

 

炭水化物は、日本人が大好きなものばかりです。

 

それを全く摂らないというのはストレスがたまりますが、夜だけ我慢すると言うのであれば、無理なく続けることが出来るのではないでしょうか。

 

無理なく続けるというのが、ダイエット成功のポイントです。

 

夜だけ炭水化物を抜くことで、効率的に痩せる事ができるようです。