効果的なダイエットの食事法

冷たい飲み物よりも温かい飲み物

 

人間は1日に2.5リットルの水分を排出していると言います。

 

ですから、その分水分を補給しないと、体が水分不足になってしまいます。

 

食事などで1リットルほどの水分を摂っていると言われていますが、1,5リットルは不足してしまいます。

 

ダイエット中は食事制限などで、さらに水分の摂取量が減りがちです。

 

ですから、積極的に水分を摂るようにしましょう。

 

水分を摂る時には、水やお茶などのノンカロリーなものがいいでしょう。

 

そして、冷たい飲み物よりも温かい飲み物がおすすめです。

 

冷たい飲み物を飲むと、体が冷えてしまい、代謝を悪くしてしまうことが考えられます。

 

代謝が悪いと、冷え性になったり、痩せにくい体になったりと、メリットは何もありません。

 

胃にも刺激になったりすることがあるようです。

 

しかし、温かいものを飲むということは、体が温まり代謝も良くなるので、ダイエット効果が期待できたり、リラックス効果もあるようです。

 

お茶やコーヒーなどは温かいものを飲み、水も冷たいままよりは、白湯のほうがいいようです。

 

白湯ダイエットなんていうダイエットもありますからね。

 

冷たい飲み物のほうが体への吸収が早いということなので、運動の後などは冷たいものでもいいともいますが、あとは出来るだけ温かいものを飲むようにしたいですね。

 

暑いからといって冷たいものばかり飲んでいてはいけません。