効果的なダイエットの食事法

1日に約2リットルの水分を摂る

 

私たちの体は、75パーセントが水分だというのを知っていましたか?

 

唾液、血液、消化液など、水分でできているものが多いのです。

 

1日に約2リットルの水分を摂ることが良いと言われています。

 

それは、尿や汗などで、1日約2リットルの水分を排出しているからです。

 

食事などから1リットルほどの水分は補給されているといわれています。

 

ですから、後1リットル分を飲めばいいという計算になりますが、ダイエットで食事制限をしていると、食事から摂れる水分が減ってしまうので、水分不足になってしまうことが考えられます。

 

水分が不足してしまうと、血液がドロドロになってしまうのです。

 

そうすることで代謝が悪くなってしまい、むくみやすかったり、痩せにくい体を作ってしまいます。

 

水太りということをよく耳にしますが、それは、水分が不足していて代謝が低下したことによって起こるといわれています。

 

体の水分が不足しているため、汗などを出さずに水分を溜め込んでしまうのです。

 

水分不足が続いていると、汗のかきづらい、水分を体に溜め込む体質になってしまうのです。

 

水分が不足していると体がだるくなったり、疲れやすかったり、便秘、頭痛の原因になることもあります。

 

それを防ぐためにも、1日に約2リットルの水分を摂りましょう。

 

水分を摂る時には、糖質を含んでいるジュースなどの摂り過ぎに注意しましょう。