効果的なダイエットの食事法

キムチを使った料理のレシピ

 

韓国人のお肌はつるつるで、太っている人というのはあまり見たことがありません。

 

その秘密は、キムチに含まれる唐辛子のカプサイシンです。

 

カプサイシンには脂肪燃焼効果があり、ダイエットをサポートしてくれる効果があるのです。

 

そんなキムチはそのまま食べてもいいのですが、色々なレシピがありますよ。

 

まずは、キムチの辛味をまろやかに出来るレシピです。

 

きゅうりのキムチ和えを紹介します。

 

きゅうり1本をポリ袋に入れて、麺棒を使って叩き潰します。

 

そこにキムチ100グラム、めんつゆ小さじ1、ごま油小さじ1、白胡麻お好みの量、鶏がらスープの素少々を入れて15分から20分漬け込み出来上がりです。

 

もう一つは、キムチスープです。

 

鍋にごま油大さじ1を熱し、たまねぎと豚肉をお好みの量いためます。

 

そこにキムチも加えて、少しこんがりするまで炒めます。

 

水、かつおだし大さじ1、キムチの汁、コチュジャン、味噌大さじ1から2、豆腐を加えて煮込みます。

 

最後にお好みの量の粉唐辛子を加えて出来上がりです。

 

キャベツなどの野菜をプラスすると、食べ応えもアップします。

 

キムチは炒めることで、うまみもアップします。

 

スープなら体も温まりますし、代謝もさらにアップしそうですね。

 

そのままでも調理してもおいしいキムチは、ダイエット中には冷蔵庫に常備しておきたいですね。