効果的なダイエットの食事法

夜遅くに食事をしない

 

夜遅くに食事をしないというのは、ダイエットの基本ですよね。

 

夜ご飯は、寝る4時間前には済ませておきたいですよね。

 

睡眠時にお腹の中に食べ物があると脂肪がつきやすいそうです。

 

18時以降に何にも食べないということを徹底しただけで、ダイエットに成功したという人もいるようです。

 

寝ている時は起きている時よりもエネルギーを使いません。

 

ですから、夜遅く食べてしまうと、エネルギーが消費されずに蓄積されるのです。

 

確かに、夜は寝るだけなので、あまりカロリーを消費しませんよね。

 

とはいっても、現代人は忙しいもの。

 

夜遅くには食べないほうがいいといっても、仕事で遅い時間にしか帰れないこともありますよね。

 

遅くなったからといって、食事をしないというもの、太りやすくなってしまう原因です。

 

遅くなってしまうと言う時には、出来れば夕方に軽く食事をして、帰ってからは出来るだけ食事を摂らないと言うのが理想的です。

 

もしどうしてもお腹が空いてしまうと言う時におすすめなのは、ホット豆乳です。

 

飲み物なので消化に悪いということもありませんし、少し蜂蜜を入れて飲むと、血糖値が上がるので食欲が収まります。

 

温かい飲み物はリラックス効果もあるので、精神的にも落ち着きます。

 

お腹が空いていると眠りも浅くなるので、どうしてもお腹が空いているという時には上手にコントロールしましょう。