効果的なダイエットの食事法

食事中は良く噛んで食べる

 

ゆっくり食べる人や、早く食べる人など食事のスピードは人それぞれですが、早食いは太るという話を聞いたことがありませんか?

 

急いで食べると、噛む回数が少ないのに飲み込んでいることが多いでしょう。

 

よく噛んで食べないと消化に悪いということもありますが、よく噛むことで満腹中枢が刺激されるので、お腹がいっぱいになるのです。

 

しかし、よく噛まずに食べると、満腹中枢が刺激されにくいので、食べ過ぎてしまうのです。

 

食べ過ぎるとダイエットに良いわけがありませんよね。

 

ダイエット中は特に、しっかりよく噛んで食べることで、無理なく食事量が減らせるのです。

 

例えば、カレーを食べる時でも、野菜を細かく切るよりも、大きめに野菜を切って入れたり、噛み応えのあるレンコンなどの野菜を加えることで、よく噛んで食べることになるので、ダイエットには適しているのです。

 

ついつい柔らかいものばかりを食べてしまうことの多い現代ですが、歯ごたえのあるものを食べることで、満腹中枢に働きかけ、ダイエットにも効果的なのです。

 

ついついよく噛まずに食べてしまうという人も、白米よりも、歯ごたえのある玄米を食べたり、よく噛んで食べる工夫をするといいかもしれません。

 

よく噛んで時間をかけることでも、ダイエットに効果的です。

 

普段から食事はよく噛んで食べるということを習慣づけましょう。