効果的なダイエットの食事法

食事は腹八分目にする

 

ダイエット中といえば、腹八分目にするというのは定番です。

 

では、腹八分目とはどのくらいの状態を言うのでしょうか。

 

腹八分目というのは、食事をして少し物足りないと思うくらいの量です。

 

この少し物足りないくらいという腹八分目に抑えることで、ダイエット効果があるのです。

 

しかし、少し物足りないなというくらいで食べるのをやめるというのはなかなか大変です。

 

美味しいものなら、満腹になるまで食べたいですよね。

 

腹八分目を続けていると慣れてくるのですが、それまでは色々と工夫をするといいかもしれません。

 

まずは盛り付けです。

 

盛り付けの時からいつもの80パーセントにしておけば、腹八分目に抑えることができます。

 

目の前にあるものを我慢するのは大変なことなので、大皿料理などで腹八分目にするのは難しいですよね。

 

そんな時は、食べる量をお皿に盛って食べるようにするといいでしょう。

 

また、食べる時に汁物を先に摂ることで、満腹感に違いが出てきます。

 

まずは、汁物を食べるようにしましょう。

 

また、よく噛んで食べることで、満腹中枢が刺激されるので、少ない食事でも満足できるようになります。

 

出来るだけゆっくりとよく噛んで食べることが大切です。

 

このようなコツを取り入れて腹八分目に抑える食事を1日3食摂ることで、健康的に無理なくダイエットができるでしょう。