効果的なダイエットの食事法

乳製品は避ける

 

授乳中には、乳製品は出来るだけ避けたほうが良いと言われました。

 

乳製品は体に良いというイメージがあったので不思議でしたが、乳腺が詰まりやすくなり、母乳の出が悪くなったり、乳腺炎を引き起こしてしまうことも考えられるからなのだそうです。

 

乳腺が詰まりやすくなる原因は、脂肪分です。

 

もちろん脂物や、生クリームなども控えるようにとのことでした。

 

乳製品には脂分が多いということなので、それはカロリーが高いということにつながりますよね。

 

ハイスクールダイエットというものでも、乳製品を避けたほうが良いと言われているようです。

 

東京学館総合技術高校の大沢先生という方が考案したもののようですが、テレビ番組で紹介されて注目を集めているダイエット法です。

 

ハイスクールダイエットでも、乳製品は栄養価は高いですが、カロリーも高いので、控えたほうがダイエット効果が出やすいとのことが言われています。

 

乳製品を摂らないと、カルシウム不足が心配されますが、魚や小松菜などで補給するようにしましょう。

 

ただ、ハイスクールダイエットでは、乳製品を摂らないようにするのは、初めの1ヶ月といわれています。

 

乳製品を1ヶ月間食べないことで、脂肪を消費しやすい体を作ってくれるので、その後なら食べ過ぎない程度ならOkなようです。

 

ヨーグルトなどには乳酸菌などお腹の調子を整えてくれる成分も入っているので、少量でも取り入れたいですよね。