効果的なダイエットの食事法

炭水化物中毒のチェック方法

 

炭水化物中毒とは、体内の炭水化物に対してのインスリン分泌が過剰になっている状態で、セロトニンが十分に分泌されにくくなり、満腹感を感じにくくなってしまう病気です。

 

満腹感を感じることができなくなると、食べることをセーブすることができず、どんどん炭水化物を摂ってしまうのです。

 

炭水化物中毒だと、炭水化物を頻繁に食べても満腹感を一向に得ることができなかったり、お腹が空いていなくても常に食べたいという衝動にかられたり、食べたいという欲求が止められなくなったりします。

 

もしかしたら、炭水化物中毒かもしれないと思う人もいるかもしれません。

 

炭水化物中毒には、チェック方法があります。

 

・食べること、ダイエットのことをよく考えている。
・何を食べても満足できない。
・食べた後でも2時間くらいするとまた食べたくなる。
・常に疲労感がある。
・説明できないようなイライラがあったり、不安を感じる。
・感情が高ぶって理由もなく泣きたくなったり、孤独感や絶望感を感じる。

 

このような症状があり、肥満体形である場合、炭水化物中毒である可能性があるようです。

 

気になる人は、チェックしてみましょう。

 

炭水化物中毒のきっかけは、とても些細なものです。

 

環境の変化や職場の変化、ストレスが原因となったりすることもあるようです。

 

自分の生活についても、一度見直してみるといいでしょう。