効果的なダイエットの食事法

炭水化物中毒とは?

 

炭水化物中毒は、肥満などが原因で、インスリン値が正しく保たれなくなり、それをカバーするために、大量のインスリンが分泌されてしまいます。

 

そうすることで、体が脂肪を蓄積しやすくなり、炭水化物をさらに食べ続けてしまうといった症状のことをいいます。

 

炭水化物が中毒症状を引き起こしているのです。

 

肥満と炭水化物中毒は大きな関係があると言われており、以下のような症状があり、太っているという人は、炭水化物中毒である可能性が高いようです。

 

・ダイエットのことや、食べることについてよく考えている。
・何を食べても満足できない、食べた後でもすぐにまた食べたくなる。
・いつも疲れている。
・説明できないようなイライラや不安感がある。
・訳もなく泣きたくなったり、孤独感や絶望感を感じる。

 

このようなことが当てはまった場合には、炭水化物中毒であることも考える必要がありそうです。

 

炭水化物中毒になるきっかけと言うのは、環境の変化やストレスなどによるものだと言われています。

 

極端なダイエットも、炭水化物中毒を引き起こしてしまう原因になりますし、病気や妊娠、禁煙なども原因となるようです。

 

炭水化物中毒には、炭水化物ダイエットが効果的と言われています。

 

栄養バランスの取れた食事やストレスをためないなどで、防ぐこともできるので、毎日の生活を見直してみるというのもいいのではないでしょうか。