効果的なダイエットの食事法

炭水化物を摂ると何故太るのですか?

 

アメリカで考案され、人気が高いダイエット法である炭水化物ダイエット。

 

ハリウッド女優が行った事からも話題となり、芸能人やモデルを始めとして、日本でも多くの人が実践しているダイエットです。

 

この炭水化物ダイエットは、炭水化物の量を減らすことでダイエットをするのですが、そもそも炭水化物を摂るとどうして太るのでしょうか。

 

ごはんやパン、麺類、いも類に多く含まれる炭水化物と言うのは、消化されると糖質に変わります。

 

糖質が肥満の原因になるということはわかりますよね。

 

糖質を摂りすぎると、体は糖質をエネルギーとして消費するのです。

 

糖質ばかりが消費されると、脂質は全く消費されずに、蓄積される一方です。

 

それが太ってしまう原因なのです。

 

ですから、炭水化物を控えることで、糖質ではなく、脂肪を消費する体に変わるので、ダイエット効果があるのです。

 

しかし、炭水化物は体にとって必要な栄養素でもあります。

 

全く炭水化物を摂らないとなると、体に悪影響を及ぼすことがあります。

 

間違った方法や、無理に炭水化物を食べないと、危険であるとも言われているダイエット法です。

 

炭水化物ダイエットをする人は正しいやり方で、無理なく行うことが絶対条件になります。

 

ダイエットをしても、体を壊してしまうと意味がありません。

 

健康的にダイエットをしましょう。