効果的なダイエットの食事法

炭水化物ダイエットに科学的根拠はありますか?

 

アメリカで爆発的人気を誇るダイエット法が炭水化物ダイエットです。

 

炭水化物ダイエットは、アトキンス博士が、糖尿病患者用に考え出した食事法です。

 

これが色々とアレンジされて、様々なダイエット法になっています。

 

炭水化物ダイエットは、全く炭水化物を摂らないと言うダイエットではありません。

 

炭水化物の量を減らしてダイエットを行うというものです。

 

この炭水化物ダイエットは、どうして炭水化物を減らすだけで痩せられるのでしょうか。

 

科学的根拠はあるのでしょうか。

 

それがあるんです。

 

炭水化物と言うのは、消化されると糖質にかわります。

 

糖質と言えば、太る原因になるというのは想像ができますよね。

 

体はまず、糖質からエネルギーに変えるのです。

 

炭水化物を多く摂っていると、糖質だけをエネルギーにして、減らしたいはずの脂肪を使わないのです。

 

ですから、糖質だけをエネルギーとして使って、脂肪はどんどん蓄積されていくことになります。

 

そうなるのが太る原因です。

 

炭水化物を減らすことで、糖質がエネルギーとして使い終わると、体は脂肪をエネルギーとして使い出します。

 

脂肪が消費されると、ダイエットになると言う訳です。

 

このように、炭水化物ダイエットには、科学的根拠もあるダイエット法なのです。

 

やり方をしっかりと守って、無理なく行うことで、効果的なダイエットとなるでしょう。