効果的なダイエットの食事法

炭水化物ダイエットの問題点

 

アメリカのアトキンス博士が考案したダイエットで、アメリカや日本で人気のダイエット法が、炭水化物ダイエットです。

 

炭水化物ダイエットは、太る原因と言われている炭水化物の摂取量をコントロールすることで、ダイエットを行う方法ですが、炭水化物を全く摂らないと言う訳ではありません。

 

炭水化物は、肥満の原因にもなっていますが、体にとって必要な栄養素でもあります。

 

炭水化物は体のエネルギー源になる栄養素です。

 

ですから、炭水化物を摂取しないと、体に悪影響を及ぼす危険があります。

 

また、炭水化物は脳にとって唯一のエネルギー源となっています。

 

ですから、炭水化物を摂らないと、脳の働きも悪くなってしまうのです。

 

集中力がなくなったり、日常的な判断も狂ってしまったりということがあるようです。

 

小さな事故や物忘れの原因にもなってしまうこともあります。

 

炭水化物ダイエットは、効果的なダイエット法と言われてはいますが、やり方を間違ったり、無理なダイエットをしていると、体を壊してしまうことも考えられるのです。

 

このようなことから、一部の研究者の間では、危険なダイエットとも言われているようです。

 

インスリンの分泌が過剰になると、痩せにくい体になってしまうということで、インスリンの分泌を減らして、脂肪を燃焼しやすい体を作るというのが炭水化物ダイエットの目的です。

 

しかし、炭水化物を全く摂取しないなど、炭水化物ダイエットを無理してやり過ぎることで、インスリンの分泌が減り、トリプトファンが脳へ送られにくくなります。

 

そうすると、情緒不安定になって、うつ病になるリスクが高まるのだそうです。

 

キレイになるためにダイエットをしているのに、うつ病になるなんて信じられないかもしれませんが、本当なのです。

 

食事での栄養バランスが、うつ病を引き起こしてしまうなんて、栄養バランスの取れた食事の大切さがわかります。

 

炭水化物ダイエットは、無理な方法や間違った方法で行うと危険なこともあります。

 

また、長期間続けることで、心臓病のリスクも高まるとも言われています。

 

逆に炭水化物を多く摂取することで、死亡率が大幅に減少されるということも明らかになっているそうです。

 

自分が炭水化物ダイエットをしていると、一緒に暮らしている家族にも影響を与えてしまうこともあります。

 

自分の健康だけでなく、家族の健康のことも考え、しっかりと栄養バランスのとれた食事を摂る事が大切です。

 

炭水化物ダイエットをする人は、やり方をしっかりと守って、無理のない方法でダイエットをしましょう。

 

ダイエットをしていても、まずは健康第一ですからね。