効果的なダイエットの食事法

炭水化物ダイエットと糖尿病予防の関係

 

アメリカのアトキンス博士が開発したダイエット法が炭水化物ダイエットです。

 

消化されることで糖に変わる炭水化物を減らすことで、脂肪を燃焼しやすくするという方法なのです。

 

糖が多くなると、糖の方を先にエネルギーとして使われることになるので、痩せにくい体になるのです。

 

ですから、炭水化物を摂れば摂るほど、脂肪は消費されてしまうということになるのです。

 

炭水化物ばかり食べると、血糖値が高くなり、糖尿病にかかってしまうということも考えられます。

 

ですから、炭水化物の摂取量を抑えるというダイエット法である炭水化物ダイエットは、糖尿病の予防に効果的な方法であるようです。

 

実際に、糖尿病患者用の食事を食べていると、肥満傾向にあった体型が標準の体重くらいまで落ちたという話も聞きます。

 

このことから、炭水化物ダイエットはダイエット効果も期待できますし、糖尿病予防にも、また、糖尿病の方の食事としても効果的ということになります。

 

ただ注意したいのは、炭水化物を全く摂らないと言うのは、体に良くないと言う事です。

 

全く炭水化物を摂らないと、体がだるくなったり、頭がぼーっとしたりすることもあると言われています。

 

ダイエットをしても健康を害してしまっては意味がありません。

 

どんなダイエットもそうなのですが、炭水化物ダイエットも正しい方法で無理なく行いましょう。