効果的なダイエットの食事法

炭水化物ダイエットと心臓病予防の関係

 

炭水化物ダイエットは、やり方を間違えると危険なダイエットとも言われています。

 

長期的に続けると心臓病のリスクがあるとも言われています。

 

また、その反対に心臓病のリスクがないとも言われています。

 

肥満や生活習慣病は、食事が大きく関係していると言われています。

 

肥満であると、心臓にも負担がかかりやすいというのは、よく知られていることだと思います。

 

炭水化物ダイエットは、脂肪を効率よく燃焼させてくれる体にする効果があるので、炭水化物ダイエットでその肥満を解消することで、心臓への負担を軽くできると思います。

 

また、炭水化物ダイエットをしていると、血液中の総コレステロールや、LDLコレステロールが高くなり、心臓病のリスクが高まると言われていました。

 

しかし、調査の結果は心臓病のリスクは上昇しなかったようです。

 

とはいっても、正しい方法で炭水化物ダイエットを行った場合の話なので、無理な炭水化物ダイエットや、間違った方法で行うと、体に悪影響を与えると言うことに間違いはありません。

 

炭水化物を摂取しないことで、うつ病のリスクが高まるということも言われています。

 

炭水化物ダイエットをしようと思っている人は、しっかりとやり方を理解し、危険もあることも忘れずに、無理なく行うようにしましょう。