効果的なダイエットの食事法

炭水化物ダイエットとメタボリックシンドローム予防の関係

 

最近はメタボリックシンドロームという言葉がかなり浸透してきていますね。

 

メタボなんて短縮されている方が、わかりやすいでしょうか。

 

メタボリックシンドロームは、体に良い影響を与えないということで、予防法や対策などが色々紹介されていると思います。

 

健康診断でメタボリックシンドロームと診断されると、健康指導をされると思います。

 

炭水化物ダイエットは、メタボリックシンドローム対策に効果的なダイエット法のようです。

 

炭水化物に含まれる糖分の過剰摂取はインスリンの分泌を過剰にしてしまうことがあります。

 

インスリンは、脂肪の燃焼を抑える働きがあるので、糖質を出来るだけ控えてインスリンの摂取を抑制することで、脂肪の燃焼効果をアップさせるというのが、炭水化物ダイエットなのです。

 

また、テレビ番組での検証で、女性よりも男性の方が痩せられたと言う結果がありました。

 

女性に多くついている脂肪は皮下脂肪なのに対して、男性は内臓脂肪が多くついています。

 

炭水化物ダイエットで消費されやすいのは、内臓脂肪なので、内臓脂肪がついていると思われるメタボリックシンドロームの方には効果的なダイエット法とされています。

 

炭水化物を摂らないと言うのは、全く摂らないと言う訳ではありません。

 

全く炭水化物を摂らないと、疲れやすくなったり、頭がぼんやりするなどということがあります。

 

炭水化物の量を無理なく減らして、脂肪を燃焼しやすい体にすることで、メタボリックシンドロームの予防や解消に効果的なのではないかと言われているようです。