効果的なダイエットの食事法

炭水化物ダイエットの考案者

 

炭水化物を全く摂らないと言うのではなく、炭水化物の摂取を少なくすることによって、ダイエットをすると言う炭水化物ダイエット。

 

その炭水化物ダイエットを考案したのが、ロバート.C.アトキンス博士です。

 

ロバート.C.アトキンス博士は、心臓病などに携わる外科医でした。

 

ロバート.C.アトキンス博士は独自の研究で、炭水化物ダイエットを考え出し、専門である心疾患治療にも役立ち、これまで5万人以上の患者の治療に役立っていると言うことです。

 

アメリカでも実績をあげている炭水化物ダイエットは、多くのメディアにも紹介されていて、ナンバー1のダイエットとして支持されているそうです。

 

ロバート.C.アトキンス博士の炭水化物ダイエットの方法は、炭水化物の少ない食品と、栄養補助食品を摂取します。

 

そうすることで、脂肪が燃えやすい体質となり、痩せていくという方法です。

 

ロバート.C.アトキンス博士の炭水化物ダイエットは、食べる量にさほど制限はありません。

 

しかし、炭水化物の摂取量は1日に40グラム以下と、厳しい制限があります。

 

食べる量を変えなくても、食べる物の質を変えることで、自然と痩せることが出来ると言うのが、ロバート.C.アトキンス博士の考え方であり、人気のダイエットになっている一つの理由です。

 

脂肪燃焼体質に体質が変化するので、その後もリバウンドの心配がないと言うのも、この炭水化物ダイエットの特徴なのです。

 

ケトン式ダイエット、ローカーボダイエットなどとも言われているダイエットですが、その名の通り、炭水化物の量を少なくすることで行うダイエット法です。

 

通常は200グラムから300グラム摂取すると言われている炭水化物を、20から40グラムと、10分の1ほどに減らすことで、糖分ではなく、体が脂肪がエネルギーとして使われるようにしていくというものです。

 

糖尿病にも効果的なダイエット法として注目されています。

 

現代は何でも手に入る豊かな時代です。

 

そんな中で、白米やパン、麺類など、しっかりと精米した穀物などが簡単に手に入るようになり、大量に消費されています。

 

精米された穀物は炭水化物が多いので、これらが豊富に消費される時代であるために、糖尿病や肥満のリスクが上がっている考えられ、その炭水化物の量を減らすことで、ダイエットや、糖尿病予防に役立てているのです。

 

炭水化物が食べられない分は、しっかりとたんぱく質などを摂取する必要があります。

 

また、炭水化物を全く摂らないとなると、脳に影響が出て来てしまうことがあるので、全く摂らないと言うことがないようにしましょう。

 

炭水化物ダイエットは、やり方を間違えると危険になってしまうダイエット法とも言われています。

 

正しい方法でダイエットを行いましょう。