効果的なダイエットの食事法

何で冷たいヨーグルトだとダメなんですか?

 

ヨーグルトといえば冷たく冷やして食べるもの。

 

そのイメージを覆すダイエットが、ホットヨーグルトダイエットです。

 

その名の通り、ホットヨーグルトダイエットは、ヨーグルトを温めて食べるというものです。

 

温めて食べることで、冷たいヨーグルトと何が変わってくるのでしょうか。

 

人間や動物も、寒いところだと動きたくなくなるものですよね。

 

それは、栄養素や菌にとっても同じことのようです。

 

温めることで、働きが活発になったり、効果的に働いたりするのだそうです。

 

ヨーグルトに含まれる成分の代表的なものとして、カルシウムと乳酸菌があります。

 

カルシウムは、中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあります。

 

温めることによってカルシウムが体に吸収されやすくなるので、効果がアップするのです。

 

また、乳酸菌も、温められることによって活発に働き、腸内環境を活発にします。

 

そうすることで、便秘の解消にもつながりますし、便秘が解消されると代謝も良くなります。

 

冷たいままでも成分は同じですが、その効果がアップするのです。

 

と言うことは、ダイエット効果もアップするということになりますね。

 

また、温めることでお腹にも優しくなります。

 

温かいものを食べることで、体の代謝もアップするので、冷たいままのヨーグルトよりも温めたヨーグルトのほうがメリットは多いのです。

 

だた、温めすぎると逆に成分の働きを鈍くしてしまうので注意しましょう。