効果的なダイエットの食事法

ホットヨーグルトダイエットの注意点

 

ホットヨーグルトダイエットのやり方はとっても簡単です。

 

プレーンヨーグルトを電子レンジを温めて作るホットヨーグルトを、朝食に置き換えて食べるだけです。

 

本当に簡単なので、忙しい人でも続けられるダイエット法です。

 

ただ、ホットヨーグルトダイエットにも注意点があります。

 

ホットヨーグルトダイエットは、ヨーグルトを温めて作ります。

 

120グラムのヨーグルトを500ワットの電子レンジで30秒温めて作るのですが、温めすぎは禁物です。

 

ヨーグルトを温めすぎると、乳酸菌の働きが鈍ってしまいます。

 

せっかくの栄養が鈍ってしまっては意味がありませんよね。

 

ヨーグルトは120グラムとなっていますが、それ以上食べても効果がアップするわけではありません。

 

食べ過ぎると、その分カロリーがプラスされてしまうということになるので注意しましょう。

 

また、ホットヨーグルトは朝食に置き換えるのですが、その時には、ホットヨーグルト以外のものは食べないようにしましょう。

 

それから、朝食以外の食事ですが、基本的には規制はないのですが、腹八分目にとどめるようにしましょう。

 

アルコールは飲みたくなるかもしれませんが、少量なら大丈夫ということです。

 

ただし、飲みすぎないようにしましょう。

 

また、ホットヨーグルトダイエットはカルシウムの吸収を良くする事で効果的なのですが、カルシウムだけを豊富に摂れば良いと言う訳ではないようです。

 

大切なのは、カルシウムとマグネシウムのバランスです。

 

理想的なバランスは、カルシウムとマグネシウムの比率が2対1です。

 

一般的なヨーグルトには、カルシウムの10分の1程度しかマグネシウムが含まれていないので、結局マグネシウムを摂取するように心がけたほうが良さそうです。

 

マグネシウムが豊富な食材というと、納豆やアサリ、さくらえび、かきなどがありますが、ホットヨーグルトに置き換えた朝食以外の食事で積極的に摂るように心がげましょう。

 

ホットヨーグルトダイエットは簡単な方法ではありますが、問題点もあるということを忘れずにしましょう。

 

また、ヨーグルトと言えども、毎日食べるとなると、高くついてしまうこともあります。

 

ヨーグルトメーカーなどがあるといいかもしれませんね。