効果的なダイエットの食事法

お酢を加熱しても成分は変わらないの?

 

お酢は加熱をすると酸味が弱まる性質があります。

 

肉を柔らかくする作用があるので、煮込み料理にもよく使われていますよね。

 

でも調理酒を加熱するとアルコール分が飛ぶように、お酢も何かが変わってしまうような気がしませんか?

 

せっかくのお酢料理ですから、美容、ダイエット効果を無駄なく摂取したいところ。

 

成分が変化してダイエット効果が薄れてしまっては困ります。

 

お酢は加熱しても成分は変わらないのでしょうか?

 

答えは○。

 

加熱しても成分は変わりません。

 

加熱することできつい酸味が和らぎますから、酸味の強さが気になる人にはおすすめです。

 

むしろ野菜を漬ける際は、加熱処理をした方が良い場合もあります。

 

お酢には殺菌作用がありますが、すべての雑菌を死滅することはできません。

 

雑菌が入った状態で野菜を漬けると、野菜から出た水分も手伝って菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

 

漬ける前にお酢を強火にかけ煮立たせて使うことで、中の雑菌が死滅し菌の繁殖を抑えることができるのです。

 

加熱後は、熱いまま野菜を漬けても構いません。

 

ただし、野菜によっては良くない場合もありますので、様子を見ながら行ってくださいね。

 

加熱の除菌効果ですが、お酢以外に容器や調理器具にも行うとさらに安心です。

 

使う前に熱湯を回しかけるか、沸騰したお湯の中でぐらぐら煮る煮沸消毒をしておくとよいでしょう。

 

一度にまとめて漬ける場合は必ず行ってくださいね。