効果的なダイエットの食事法

野菜の黒酢漬け

 

酢が苦手な人でも口にしやすいと言われている黒酢。

 

酸味が少なくまろやかなので、飲料酢としても人気があります。

 

原料は穀物酢と同じく米や大麦ですが、黒酢は壷の中で一年以上寝かせじっくりと発酵させるのが特徴です。

 

その独特の色は寝かせれば寝かせるほど濃くなるそうです。

 

味や香り以外に穀物酢と異なるのが、人間にとって欠かせないアミノ酸がとても豊富に含まれている点です。

 

積極的に料理にも使いたいですよね。

 

しっかりと野菜が摂れる、野菜の黒酢漬けはいかがでしょうか。

 

では、レシピをご紹介します。

 

まずはにんじん1/2本、セロリ1/3本を千切りにします。

 

鍋に黒酢80ml、酒、塩、砂糖をそれぞれ少々入れ、沸騰させます。

 

そこにスライスした玉ねぎ1/2個分を加え、なじませます。

 

調味料は味をみてお好みで増減してください。

 

漬け酢をタッパーや口の広いビンなどに移し、完全に冷めたら野菜を漬けます。

 

漬ける時に、水で戻したひじきやしそを少々加えると風味が増します。

 

冷蔵庫で一晩漬けたら完成です。

 

この他にもキャベツ、大根、きゅうりなどの野菜もよく合います。

 

飲料用の黒酢だとはちみつや砂糖などの甘みが加えられたものもあるので、調理する前に確認してくださいね。

 

辛めの味が好きな場合は、赤唐辛子を一緒に漬けると良いでしょう。

 

漬け酢を作る時、5cm角の昆布を加えるのもおすすめです。

 

黒酢漬けは入れる野菜や調味料などで自分好みの味つけができます。

 

色々と試してみるのも楽しいですね。