効果的なダイエットの食事法

手羽先のビネガーマリネ

 

お肉を柔らかくしたい時は、酢で煮ることをおすすめします。

 

酢と一緒に長時間煮込むとお肉のタンパク質が分解され、柔らかく食べやすくなるのです。

 

特に骨付きの鶏肉などは、お肉が簡単に骨から離れやすくなります。

 

そこで気になるのが酢の酸味。

 

「お肉がすっぱくなってしまうのでは?」と不安に思いますよね。

 

しかし、酢の酸味は加熱することでほとんど消えてしまうので気になりません。

 

他の調味料も加えれば、お好みの味つけで頂けます。

 

でも、敢えて酢の酸味を残した煮物も、さっぱりしていておいしいんですよ。

 

爽やかな酸味が後を引く、手羽先のビネガーマリネはいかがでしょうか。

 

では、レシピをご紹介します。

 

鍋に手羽先6本、食べやすい大きさに切ったセロリの葉、玉ねぎを並べます。

 

食材がかぶる程度の水を注ぎ、火にかけましょう。

 

セロリの葉と玉ねぎの分量はお好みです。

 

煮込むとかさが減るので、食べたい量よりも気持ち多めに用意すると良いですよ。

 

塩、こしょう少々を加え、しばらく煮込みます。

 

手羽先が柔らかくなったところで火を止め、煮汁を冷まします。

 

白ワインビネガー大さじ2杯を加えて完成です。

 

煮汁が熱いうちに白ワインビネガーを加えると、酸味が飛んでしまうので注意しましょう。

 

白ワインビネガーは白ぶどうから作られた酢です。

 

酸味が強く、マリネには最適です。

 

白ワインビネガーが手に入りにくい場合は、白ワインと米酢を合わせたもので代用できます。

 

いずれの場合も、煮汁の味をみながら加える量を調節してくださいね。