効果的なダイエットの食事法

バルサミコ酢

 

イタリア料理に欠かせないのが、バルサミコ酢です。

 

オリーブオイルと混ぜてドレッシングにしたり、肉料理のソースにして使うことが多いですね。

 

バルサミコ酢の原料はぶどうの果汁。

 

長い年月をかけてじっくり熟成するのが特徴です。

 

色は茶色や黒色で、熟成期間が長ければ長いほどその色も濃くなります。

 

独特の香りと甘みがあり、料理以外にもデザートにかけて使われることがあります。

 

原産国は、もちろんイタリア。

 

伝統的な製法によって作られるバルサミコ酢は、ぶどう果汁のみを使い最低12年は熟成されるそうです。

 

長いものだと100年を超えるものも!

 

熟成すればするほどにコクに深みが増し、手間をかけた分だけ価格は上がっていきます。

 

今では簡単に手に入るバルサミコ酢ですが、手頃な価格で売られているもののほとんどは、ぶどう果汁に香料やカラメルなどの添加物を加えて作られているそうです。

 

熟成期間も数年程度のものが多く、長期間熟成されたものに比べると香りやコクにやや劣ります。

 

それでも穀物酢などに比べるとお値段は高めだと感じますよね。

 

バルサミコ酢は酸味が弱いお酢なので、きつい酸味が苦手な人にはおすすめです。

 

特に酢野菜ダイエットの場合、お酢の味で酢野菜のおいしさは左右されますから、日本のお酢では食べにくくてもバルサミコ酢ならおいしく頂けるかもしれません。

 

毎日の料理に使うというよりも、ちょっとした特別な料理用に1本常備するのも良いでしょう。