効果的なダイエットの食事法

ワインビネガー

 

ワインビネガーはその名のとおりワインから作られたお酢です。

 

ワインと同じように、赤ワインビネガーと白ワインビネガーがあります。

 

酢酸発酵して作るものが一般的ですが、中にはワインと同じように樽の中でじっくり熟成させるものもあります。

 

味は爽やかな酸味が特徴で、果実独特の香りがあります。

 

オイルと混ぜてドレッシングにするのはもちろんですが、どんな料理にもよく合うので隠し味として使われることが多いですね。

 

特にスープやシチューなどの煮込み料理にほんの少し加えると深みが増して、まるでレストランのフランス料理のような味わいに変わります。

 

気になる酸味ですが、加熱するとほとんど飛んでしまいます。

 

ワインビネガーは酸度が高いため、穀物酢に比べると酸味がきつく感じるかもしれません。

 

料理に使う際は少量で十分ですね。

 

でもその分、余分な塩気を加えずに済むので塩分が気になる人にはおすすめです。

 

また日本のお酢のように食材の味付けとして使うというよりも、食材そのものの味を楽しむためのお酢なので、コクや旨みがないのも特徴です。

 

ドレッシングにするなら、オイルとワインビネガーにほんの少し塩こしょうを加えるだけのシンプルなタイプが一番。

 

すっきりした酸味とフルーティーな香りで野菜がいくらでも食べられます。

 

ワインといえば、活性酸素を抑制するポリフェノールが豊富に含まれていることで知られていますよね。

 

実はワインビネガーにはワインの成分がほとんど残っているのです。

 

お酢の健康効果に加え、ワインの効能も期待できるんですね。

 

アルコール分はほとんど消えていますが、気になる場合は加熱してから使うと良いでしょう。