効果的なダイエットの食事法

酢野菜と脂肪燃焼促進の関係

 

酢野菜ダイエットの一番の効果といえば、脂肪を燃焼してくれることでしょう。

 

酢に含まれる成分の一つに酢酸というものがあります。

 

酢酸は体内に入ると化学反応を起こし、クエン酸に変化します。

 

クエン酸は身体にとって悪影響を及ぼす活性酸素を分解し、エネルギーに変えてくれる働きがあります。

 

そして、体内の脂肪も分解し燃焼を促進してくれるのです。

 

この脂肪燃焼サイクルを促進するために、クエン酸は非常に重要な成分です。

 

しかし、普段の食生活の中で十分な量のクエン酸を摂取できないと、この脂肪燃料サイクルがうまく回りません。

 

活性酸素がどんどん蓄積し、体脂肪も増加し、血液もドロドロに。

 

疲れやすくなり、肩こりや筋肉痛の原因にもなってしまいます。

 

実はこのクエン酸、ストレスにとても弱いのです。

 

強いストレスを感じるとすぐにクエン酸不足に陥ってしまいます。

 

日常生活のストレスに加え、ダイエットで感じるストレスも合わさると、食事の中だけではクエン酸を摂取することは難しくなるでしょう。

 

でも、酢野菜ダイエットなら、効率良くクエン酸を摂取することができます。

 

代謝もアップしますから、あまり運動をしなくても痩せやすくなります。

 

そこに簡単なエクササイズなどをプラスしたら、大幅な減量が期待できますよね。

 

毎日一食を酢野菜に置き換えることで、脂肪燃焼サイクルがスムーズに回り、あなたの脂肪を燃えやすくしてくれますよ。