効果的なダイエットの食事法

酢野菜と口臭改善の関係

 

人と話をするとき、相手の口臭が気になると楽しい会話も台無しですよね。

 

でも、自分のにおいは意外とわからないものです。

 

もしかしたら自分も口臭がするのでは?と不安に思ったりしませんか?

 

口臭には大きく分けて、以下の3種類があります。

 

1つ目は、生理的口臭です。

 

生理的口臭は誰にでもあるものです。

 

唾液の分泌が減少する起床時、空腹時、緊張時では特に口臭が強くなります。

 

しかし歯磨きをしたり、食事や会話で唾液量が増加すると口臭は急激に弱まりますので、予防には唾液が減少しないよう気をつけることが大切です。

 

2つ目は、飲食物や嗜好品による口臭です。

 

これは一時的なものなので、自分である程度コントロールできますよね。

 

3つ目は、病的口臭です。

 

病的口臭は、そのほとんどが歯周病やむし歯など口の中の病気が原因です。

 

すでに口の中に異常が発生している場合は、歯科医院などでの治療が必要となりますが、それらを予防していくことも大事です。

 

どの口臭も、においの原因となるのは口の中の細菌です。

 

唾液の分泌が減少すると細菌が繁殖しやすくなります。

 

また、食べカスが口腔内に残っていたり、口腔内にトラブルがあったりすると、細菌によってガスが発生し強烈な口臭となってしまいます。

 

いずれの場合も、口の中を清潔に保つことが一番の予防法なのです。

 

酢には抗菌作用があります。

 

雑菌の繁殖を抑えて口腔内のトラブルを予防してくれたり、食べカスで菌が繁殖するのを防いでくれます。

 

また、腸内でもその力を発揮してくれるので、消化器官からくるにおいにも効果があります。

 

もちろん毎食後の歯磨きも大事です。

 

日頃のケアと併せて酢を摂取すれば、口臭改善と予防の二つの効果が期待できますよ。