効果的なダイエットの食事法

酢野菜とメタボリックシンドローム予防効果の関係

 

肥満は、脂肪がどの部分につくかによって2つのタイプにわかれます。

 

一つは皮膚の下に脂肪がつく皮下脂肪型肥満、もう一つは内臓の周りに脂肪がつく内臓脂肪型肥満です。

 

皮下脂肪は落としやすく、内臓脂肪は落としにくいのが特徴です。

 

皮下脂肪型肥満に比べ、内臓脂肪型肥満は見た目にはわかりにくいことがあります。

 

どちらも同じ肥満ですが、内臓脂肪型肥満の場合、メタボリックシンドロームに注意しなければなりません。

 

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満によって様々な病気が引き起こされた状態をいいます。

 

具体的には、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病のうち2つ以上を合併した状態です。

 

近年、メディアなどでもよく取り上げられるようになってきましたね。

 

実は年々、メタボリックシンドロームの人が増加しているのです。

 

予備軍も含めると、40歳〜74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人とも言われています。

 

色々な原因が考えられますが、一つは乱れた食生活や生活習慣によるものです。

 

生活習慣病は脳卒中や心臓病などの死に至る病気の要因とされています。

 

一つ一つの症状が軽くても合併すると動脈硬化が起きやすくなり、病気の発症リスクがとても高くなるのです。

 

メタボリックシンドロームの予防、改善には、まず内臓脂肪型肥満を解消させることが大事です。

 

酢には内臓脂肪や血中中性脂肪を減少させる作用があります。

 

酢に含まれる酢酸が脂質の合成を抑制し、燃焼を促進してくれるのです。

 

ただし、酢の摂取をやめると元に戻ってしまいます。

 

継続することで、しっかりと予防・改善していきましょう。