効果的なダイエットの食事法

酢野菜とストレスや疲労感改善効果の関係

 

日常生活において、避けられないのがストレスや疲労です。

 

疲れを感じるということは、身体が休養を求めているサイン。

 

その都度しっかり解消できれば良いのですが、忙しい現代社会の中ではなかなか難しいですよね。

 

でも、忙しいからと無理して疲労やストレスを溜め続けると、自律神経失調症、うつ病、心身症など、心身の病気を引き起こしてしまいます。

 

「自分はまだ大丈夫」と思っているあなた。

 

その油断はとても危険です。

 

あなたの心と身体は、あなたが想像している以上にダメージを負っているかもしれません。

 

ストレスも疲労も目には見えませんよね。

 

「ちょっと危ないかな?」と思った時には、もう手遅れであることも。

 

大事なのは日頃からこまめにストレスを解消し、溜まった疲労を改善することです。

 

酢にはストレスや疲労感を改善する効果があります。

 

疲労は、体を動かしたりしてエネルギーを消費すると発生する乳酸という物質が原因だと言われています。

 

酢が体内に入るとクエン酸サイクルがスムーズに回ります。

 

このクエン酸サイクルでは、乳酸など悪影響のある物質をどんどん燃焼し、エネルギーへと変えてくれる働きがあるのです。

 

次々に乳酸を分解するだけではなく、発生そのもの自体も抑えてくれる効果もあります。

 

また、人はストレスを感じると副腎ホルモンの分泌が急増します。

 

この過剰分泌は心身ともに様々な影響を及ぼし、長期間続くと病気の原因になることがあります。

 

酢は肝機能を高めてくれる働きがあるため、ストレス改善の効果が期待できるのです。

 

しかし、これらの効果には持続性がないので、継続して摂取する必要があります。

 

酢でストレス、疲労知らずの毎日を送りましょう。