効果的なダイエットの食事法

酢野菜のおいしい食べ方

 

酢野菜ダイエットの難点といえば、酢の酸味ですよね。

 

野菜を酢だけで漬けたものですから、一般的な酢のものや漬けもののような調味料で甘みや旨味を加えたものほどおいしくはありません。

 

ダイエットを途中でやめてしまった人の多くは、その理由を酢野菜の味に慣れなかったことだと振り返っていました。

 

確かに酢野菜ってちょっと食べにくいのです。

 

酢の独特のすっぱさに最初はむせてしまう人もいるかもしれません。

 

でもダイエット効果を求めるなら、砂糖などで甘みを加えるのは避けたいところ。

 

少しでも続けやすくなるような、酢野菜のおいしい食べ方はないのでしょうか?

 

まず、使用する酢の種類を酸味の少ないものにしてみましょう。

 

手に入りやすく料理にもよく使われる酢といえば、醸造酢や米酢だと思いますが、醸造酢は酸味がきついため、酢野菜にはあまり向いていません。

 

米酢はそれよりも少し酸味がマイルドでこくや旨味があります。

 

でももっと酸味を抑えたい場合は、やはり飲料酢を使用するのが良いでしょう。

 

りんご酢、黒酢、玄米酢はいずれも飲料向きとされているので、酢が苦手な人でも口にしやすいのではないでしょうか。

 

また、洋風料理に使用されるワインビネガーも酸味がやさしく、バルサミコ酢は独特の甘みがあります。

 

そして、使う野菜も好みに合わせて選ぶことです。

 

大根、かぶ、なすなど、漬けものになっている野菜はおいしい酢野菜になるようですが、使用する酢との相性もありますので、気になる野菜はどんどん酢に漬け食べ比べてみると良いでしょう。

 

お気に入りの酢野菜が見つかれば、おいしく食べながらダイエットを続けられますよ。