効果的なダイエットの食事法

濃口しょうゆより薄口しょうゆ

 

しょうゆは、大きく分けて5種類に分けられます。

 

濃口しょうゆ、薄口しょうゆ、たまりじょうゆ、再仕込みしょうゆ、白しょうゆです。

 

この中で家庭でよく使われているものが、濃口しょうゆと薄口しょうゆです。

 

濃口しょうゆは、その名前の通り色が濃い目のしょうゆです。

 

深いうまみと甘みや酸味、苦味などを持ち合わせた全国のしょうゆ消費の80パーセントを占めていると言われる、一般的なしょうゆです。

 

煮物などであまり色を濃くしたくないという料理以外は、何にでも使えるオールマイティーなしょうゆです。

 

一方、薄口しょうゆは、関西生まれのしょうゆで、色が薄くなっています。

 

食塩で薄めているため、塩分は濃口しょうゆよりも高くなっています。

 

炊き込みご飯やお吸い物、煮物などの素材の持ち味を生かすような料理に向いているしょうゆです。

 

薄口しょうゆは塩分が多いので、ダイエットには向かないのかと思いましたが、塩分で薄めていることもあり、薄口しょうゆのほうがカロリーは低めです。

 

濃口しょうゆが100グラムあたり71キロカロリーなのに対して、薄口しょうゆは100グラムあたり54キロカロリーです。

 

他の3種類のしょうゆの中でも、薄口しょうゆは一番カロリーが低くなっています。

 

カロリーが低いといっても、塩分は濃い目なので、使いすぎは塩分の摂り過ぎにつながるので、使いすぎに注意しましょう。