効果的なダイエットの食事法

毒出しとキャベツの関係

 

キャベツは、どちらかというと主役やメインというよりは、脇役、添え物といったイメージの野菜です。

 

でも、食物繊維やビタミン以外にも色んな効果がある成分が含まれているんです。

 

とんかつの隣にはキャベツの千切りは欠かせませんね。

 

キャベツには、肥満を予防する効果もあることがわかっています。

 

他には胃腸の働きを助ける効果もあり、キャベジンという胃もたれや二日酔いなどの薬にもなっています。

 

あまり知られていませんが、キャベツのスルフォラファンという成分は解毒作用もあるので、デトックスにはりったりの食材ともいえると思います。

 

キャベツは、調理法もたくさんありますね。

 

そのまま千切りにしてサラダにもできるし、炒め物にも使えます。

 

漬物や味噌汁の具としてもいいし、ロールキャベツのようにメインのおかずにもなるので、万能野菜といってもいいでしょう。

 

抗酸化作用や免疫力を高めるビタミンも豊富なので、美容や美肌、アンチエイジングのためにも毎日キャベツを食べておきたいですね。

 

古代ギリシャでは、キャベツは薬としても使われていたという話もあります。

 

薬としてではなくても、キャベツは美容と健康のためには欠かせない野菜のひとつですね。

 

一度にたくさんの量を食べるのが難しい時は、熱を加えるとしんなりとしてカサも減るので、スープや炒めものなどにして食べると良いと思います。

 

香りや味も特に臭みなどの特徴がないので、比較的食べやすく調理もしやすいのがいいですね。

 

色々工夫してキャベツをたくさん食べましょう♪