効果的なダイエットの食事法

毒出しとブロッコリーの関係

 

毒だしダイエットには、デトックス効果の高いとされる野菜をレシピに取り入れて使います。

 

そのなかのひとつ、ブロッコリーはどこをみても必ずデトックス効果があるとして、オススメ食材のひとつに数えられています。

 

なぜブロッコリーがオススメの毒出し食材なのかを探ってみましょう。

 

デトックス効果のある食材というのは、どんな働きをするかを簡単に説明しておきます。

 

何気なく口にしている加工食品には、どうしても取りきれない農薬や化学物質が付いていることもあります。

 

これが体内に蓄積されるのを防ぐために、有害物質を吸収して体外へ排出させる効果のあるものを食べて毒素を出す。

 

これがデトックスになります。

 

ブロッコリーには、ビタミンCやケルセチンも多く含まれています。

 

ビタミンCとケルセチンには、抗酸化作用があるので両方を含むブロッコリーは、デトックスにはぴったりの食材といえますね。

 

ブロッコリーの茎の部分には、ビタミンC、Aが特に多く含まれています。

 

ブロッコリーの茎も調理すれば食べることができますので、捨てずに上手に調理しましょう。

 

また解毒作用があるといわれている、イソチオシアネートという成分も含まれています。

 

肝機能を高めるので体内をキレイにするという意味でも、ブロッコリーは欠かせない食材ということがわかると思います。

 

ビタミンCは水に溶けやすいので、茹でたりするよりは電子レンジや蒸し器で温野菜にして食べるといいですね。

 

ブロッコリーはシチューやスープに入れてもおいしく食べることができます。

 

この場合もあらかじめ蒸したり電子レンジで下処理をしておいて、最後に加えるといいですよ。