効果的なダイエットの食事法

毒出しとトマトの関係

 

毒だしダイエットにはいくつかの方法があり、自分に合った方法を選ぶことができます。

 

毒だしジュース、毒だしスープ、エクササイズにリンパマッサージ、とにかく体の中の毒を出す方法は一杯あるということですね。

 

私もいくつか実践してみましたが、毒だしスープは6種類のオススメ野菜を使います。

 

今回はその中のひとつトマトについてオススメポイントや効果を紹介したいと思います。

 

まず、トマトは最初に青い実をつけます。

 

青といっても実際は緑色ですが、お日様の光を一杯浴びて真っ赤に熟していく過程で、リコピンという成分がたくさん生成されます。

 

リコピンはベータカロチンの一種で、抗酸化作用が緑黄色野菜に含まれるものより高いことでも知られています。

 

毎日の生活の中で、体内にたまった毒素には、活性酸素も含まれます。

 

これは生活習慣病や癌の原因にもなるものです。

 

トマトに含まれるリコピンやビタミンCは、抗酸化作用が高いため毎日でも食べてほしい食品です。

 

1日に必要なリコピンをトマトで摂取すようとすると、大きいトマト2個を食べないといけません。

 

でも、トマトに含まれるリコピンは油とも相性がいいので、調理や加工した食材で摂取したほうが量も多く摂ることができます。

 

よって、ケチャップやトマトジュースなどでもOKです。

 

トマトをたくさん使うイタリア料理にはオリーブオイルもよく使われますね。

 

トマトの性質を上手に生かした調理方法かもしれません。

 

毒だしスープのようにスープの具としていいと思います。

 

夏に食欲が落ちた時でも、冷たく冷やしたトマトなら食べることもできます。

 

自分なりの方法を見つけて、トマトを食べてリコピンを上手に摂取してくださいね。