効果的なダイエットの食事法

毒出し脂肪燃焼スープとは?

 

毒出し脂肪燃焼スープとは、脂肪燃焼効果のある野菜を使ったスープのことです。

 

このスープは野菜をたっぷりと食べることができるので、カロリーが低くヘルシーだからダイエットにはぴったりです。

 

毎日食べるだけで、体の中を浄化して血行を良くして代謝をアップさせることができます。

 

お腹一杯食べてダイエットでき、なおかつ体の中もキレイになるのですから、女性ならば一度は試してみたいと思いますよね♪

 

大切なのは続けるということです。

 

毒出し脂肪燃焼スープは満腹感もあるので、間食が止められなかった私でもいつの間にか間食しないでいられるようになりました。

 

たくさん作って作り置きも可能ですが、暑いの季節は傷みやすいので、食べきれる量をその都度作ると良いと思います。

 

糖分や油は使わず、調味料も岩塩にしてみたり、こだわると楽しく食べてキレイにダイエットすることができると思うのでオススメです。

 

毒出し脂肪燃焼スープダイエットの作り方を紹介します。

 

野菜とほんの少しの調味料で作る、この毒出し脂肪燃焼スープは、ヘルシーで健康維持にもとても良いと思います。

 

色々な野菜を使って作ることができるので、材料も好みでアレンジして自分だけのオリジナル・毒出し脂肪燃焼スープを作ってみてもいいですね。

 

今回は一般的な、毒出し脂肪燃焼スープの作り方を紹介しますので、参考になればと思います。

 

用意する野菜は、玉ねぎ、セロリ、キャベツ、にんじん、トマト、ピーマンです。

 

これが基本の野菜になります。

 

パプリカが安い時にパプリカを追加するなんていうのもいいですね!

 

スープのだしには昆布、かつお節、市販のスープの素などを使います。

 

味付けは野菜のうまみを生かすために、塩とショウガだけにします。

 

ちなみに、私は「こぶ茶」を使い塩分を調節しています。

 

たまに梅こぶ茶を使うと、爽やかな梅の酸味が効いて味にも変化が出るので、飽きずに毎日続けることができます。

 

野菜は食べやすい大きさに切り、お鍋にダシと水2〜3リットルを入れて中火で20分ほどコトコト煮るだけです。

 

野菜の切り方や基本的なダシを変えるだけでアレンジもできますので、お好みで色々と毒出し脂肪燃焼スープを作ってみてください。

 

トマトはフレッシュトマトを使うとおいしく仕上がりますが、ない場合は缶詰のトマトでも十分おいしくできます。

 

慣れるまでは、「薄味で満足できないのでは?」と不安もありましたが、慣れてくると野菜本来の味やうま味を感じることができるので、諦めずに続けてみましょう。

 

この毒出し脂肪燃焼スープは元々ダイエット目的ではなく、冷え症や肩こりを改善させるために考えられたメニューだったそうです。

 

冷え症と肩こりは血行不良からくることは、あなたもご存じかと思います。

 

毒出し脂肪燃焼スープの効果は、血行を良くして代謝をアップさせることです。

 

毒出し脂肪燃焼スープを食べていくことで、血行が良くなり代謝がアップします。

 

代謝がアップすれば細胞の活動も活発になりますので、脂肪燃焼しやすい体質へと変えることができるんですね。

 

女性に多い肩こりや冷え症も改善できてダイエット効果もあったら、これは試さないわけにはいきません!

 

キャベツ、玉ねぎ、人参、トマト、セロリ、ピーマンの6種類の野菜をダシと塩とショウガを加えて煮るだけなので作り方も簡単です。

 

毎日食べることで、便秘も解消されるので吹き出物ができにくくなったと多く女性が実感しているとか。

 

体内浄化作用で免疫力もつくので、風邪をひきにくくなるという、嬉しい効果もあります。

 

お腹一杯食べてもいいので、ストレスを感じることもありません。

 

良いことづくしの、毒出し脂肪燃焼スープをぜひお試しください。