効果的なダイエットの食事法

さつまいもは昼夜どっちに食べる方が効果あるの?

 

昼か夜の食事をさつまいもに置き換えるさつまいもダイエット。

 

では、昼夜どっちに食べる方が効果あるのでしょうか?

 

結論から言うと、夜の食事を変えた方が効果的です。

 

夜は活動量が少ないので、一日の中で最もカロリーが必要ない時間帯です。

 

特に就寝前の食事は摂取したエネルギーが消費されず、脂肪を溜めこんでしまうことになります。

 

ですので、夜の食事を控えめにし、遅くとも夜8時頃までに食べ終えることが理想的であると考えられています。

 

でも色々な生活パターンがありますから、これが正解だとは一概に言えません。

 

仕事の都合上、不規則な生活リズムを送っている人もいるでしょう。

 

もしさつまいもを昼に食べる方が続けやすければ、無理に夜に変える必要はないと思いますよ。

 

また、どちらかに固定しなければいけないというわけではないのです。

 

夜に食べる日、昼に食べる日、とあなたの都合に合わせて変えてみてはいかがでしょうか。

 

大事なのはいかにストレスを抱えず継続できるかです。

 

そして、一日トータルでの摂取カロリーと栄養バランスも重要となってきます。

 

せっかく夜をさつまいもに変えても、朝昼が明らかにカロリーオーバーであったり、必要な栄養を摂取できていなければ、ダイエットの効果は十分に表れません。

 

食事は人生において楽しみのひとつですよね。

 

食生活を改善することはダイエットの基本ですが、一番ストレスを感じやすいことでもあります。

 

強いストレスはダイエットの成功を遠ざけてしまいます。

 

心も体も健康的に痩せられるよう工夫しながら続けてみましょう。