効果的なダイエットの食事法

さつまいもの選び方

 

さつまいもの選び方をご紹介します。

 

毎日食べるものですから、より美味しいさつまいもを選びたいですよね。

 

良いさつまいもを見分けるポイントはいくつかあります。

 

まず、太くてずっしりと重たいものを選びましょう。

 

そして皮の色は濃く艶があり、表面がなめらかなものが良いですね。

 

皮に黒い斑点があったり傷がついているものは、古いので避けましょう。

 

ひげ根の多いものは繊維が多いので、避けたほうが良いです。

 

先の部分の切り口が茶色っぽくなっていたら、それは甘い証拠ですよ。

 

次に保存方法をご紹介します。

 

さつまいもは寒さに弱く、冷蔵庫での保存は向いていません。

 

また、ビニール袋などの密閉した場所も、腐る原因になるので避けます。

 

おすすめは新聞紙に包んで、室内の冷暗所に保存することです。

 

これで2週間くらいなら大丈夫。

 

使いかけのさつまいもは、切り口を塞ぐようにラップをぴったりと当て、同じく新聞紙で包んで保存します。

 

こちらはできるだけ早く使いきってくださいね。

 

毎回蒸すのが面倒だという人には、冷凍保存がおすすめです。

 

蒸したさつまいもを1cm程度の厚さにカットし、一食分(150g)ずつ密閉容器や冷凍用保存袋に入れ、熱が取れたら冷凍庫で保存します。

 

食べるときは電子レンジで加熱すれば、すぐに蒸しいもが用意できますよ。

 

もちろん、自然解凍でもOK。

 

一ヶ月程度の保存が可能ですが、味が落ちていきますので一週間を目安に消費してくださいね。

 

良いさつまいもを選んで、美味しく食べながらダイエットを続けましょう。