効果的なダイエットの食事法

塩分は控えめにする

 

ダイエットをするためには、まず食生活を見直す必要があります。

 

カロリーを低くすることはもちろんですが、その他調味料などにも気をつけたいものはたくさんあります。

 

その一つが塩分です。

 

塩分は料理には大切なものです。

 

塩分があるから、美味しくなると言っても過言ではありません。

 

しかし、塩分の摂り過ぎは、ダイエットにはよくありません。

 

塩分を摂りすぎた時には、のどが渇きませんか?

 

ラーメンを食べた後や、しょっぱいお菓子などを食べ過ぎた時などには、のどが渇き、水分を摂りたくなってしまいます。

 

体が塩分の濃度を一定に保とうとして、水分を補給しようとするのです。

 

それでのどが渇くのです。

 

そうすることで、体が必要以上の水分を溜め込んでしまうため、体がむくんでしまう原因となるのです。

 

むくみは解消されればいいですが、慢性化してしまうと、セルライトになってしまいます。

 

セルライトは一度ついてしまうと、なかなか取れないものなのです。

 

ですから、塩分の摂り過ぎはダイエットの敵なのです。

 

ダイエットだけではなく、健康面からも、塩分は控えたいですね。

 

もし塩分を摂り過ぎてしまったら、水分を摂るのを控えるのではなく、カリウムなどが含まれている野菜や果物などを摂るようにしましょう。

 

カリウムは、排尿を促す効果があり、塩分の摂り過ぎに効果的です。