効果的なダイエットの食事法

さつまいもと糖分の吸収を遅らせる効果の関係

 

「甘いものを食べすぎたら太ってしまった。」

 

こんな声をよく聞きますよね。

 

糖分の多く含まれる食事は太りやすいことで知られています。

 

しかし、糖は身体を動かすためには必要不可欠。

 

脂肪やたんぱく質に比べすばやくエネルギーを送ることができる、大切な栄養素なのです。

 

特に脳はブドウ糖のみをエネルギー源にしているため、糖が足りなくなると疲れやすくなったり、集中力が低下する原因になってしまうんですね。

 

では、一体なぜ糖を摂りすぎると太ってしまうのでしょうか。

 

糖は体内に吸収されると、血液の中に入り細胞へエネルギーを運びます。

 

この血液中のブドウ糖の濃度を血糖値といいます。

 

食事をすると血糖値が上昇するのですが、急激な上昇はエネルギー過多となってしまい、使いきれない分は脂肪として蓄えられてしまうのです。

 

つまり、「血糖値の上昇がゆっくりであれば、余分な脂肪になることを避けることができる」ということなんですね。

 

そこで活躍してくれるのが、さつまいもに含まれるクロロゲン酸という成分です。

 

クロロゲン酸は糖分の吸収を遅らせる効果があります。

 

糖分の吸収がゆっくりであれば、血糖値が急激に上昇しにくくなるのです。

 

さつまいもは糖分が多いから太りそう・・・。

 

そんな風に思っていませんでしたか?

 

でも、実は脂肪が蓄積するのを防ぐ、力強い成分が含まれていたのです。

 

これなら安心してさつまいもダイエットを続けられますよね。