効果的なダイエットの食事法

さつまいもダイエットの失敗例

 

昼か夜の食事をさつまいもに置き換えるだけで、おなかの中からすっきり痩せられると評判のさつまいもダイエット。

 

口コミサイトでは、挑戦した人の報告が後を絶ちません。

 

多くの人が体重の減量など何らかの結果が出ているようですね。

 

でも残念ながら、あまり効果の表れなかったという体験談も目にします。

 

その違いはどこにあるのでしょうか?

 

では、さつまいもダイエットの失敗例をご紹介しましょう。

 

Aさんは23歳のOL。

 

夏に向けてぽっこりおなかを解消するためにダイエットを決意。

 

さつまいもは昼に摂るようにしたのですが、その他の食事は特に変えず、お酒も飲み、大好きなスイーツも食べていました。

 

深夜に食事を摂ることも多かったそうです。

 

そして始めて1週間後の体重は500g減。

 

期待していたほどの効果がなかったため、ストレスを感じ始めたAさん。

 

やる気の低下と共に、だんだんさつまいもにも飽きてきてしまい、いつの間にかダイエットをやめてしまったんだとか。

 

「さつまいもを食べれば痩せられると聞いていたのに!」と、怒りにあふれていましたね。

 

Aさんの失敗した原因は何だと思いますか?

 

それは、さつまいもを痩せ薬のように考えていた点ではないでしょうか。

 

もちろん、体質の問題もあるかもしれません。

 

しかしAさんの場合、とてもダイエット中の食生活とは思えませんよね。

 

いくらさつまいもに痩せるパワーが秘められていたとしても、不規則な生活や明らかなカロリーオーバーは、スムーズな減量を妨げてしまうのです。

 

さつまいもダイエットをきっかけに、それまでの生活を見直すことが大切なのでしょう。