効果的なダイエットの食事法

さつまいもダイエットのやり方

 

さつまいもダイエットの正しいやり方について説明します。

 

1.昼か夜の食事を、蒸したさつまいも(150g)に置き換える。

 

150gというと、Mサイズのさつまいも一本弱くらいです。

 

つい水などで流し込みたくなりますが、満腹感が得られにくくなってしまうのでなるべく食べる前か、食べ終わった後に水分を摂るようにしましょう。

 

よく噛んでゆっくり味わうのもポイントですね。

 

昼か夜かは、あなたの生活スタイルに合わせて実行しやすい方を選んでください。

 

どちらかに固定する必要はありません。

 

他の二食も基本的には何を食べても大丈夫ですが、できるだけバランスの良い食事を心掛けた方が、より早く効果が表れますよ。

 

2.皮も一緒に食べる。

 

ヤラピンを含む皮は捨てずに食べましょう。

 

蒸す以外に焼き芋にしてもOKですが、焼きすぎて焦げてしまう場合があるので要注意。

 

3.炭水化物以外の食材なら、一緒に食べてOK。

 

さつまいもを主食代わりにおかずを食べても良いですし、他の食材と合わせて調理して食べてもかまいません。

 

ただし、大学いものように糖分が多すぎるメニューはNGです。

 

さつまいもダイエットの基本は以上の3点です。

 

どうですか?

 

とても簡単ですよね。

 

この他に、ストレッチなどの運動や半身浴を取り入れると、代謝が上がって痩せやすくなりますよ。

 

さつまいもを食べれば食べるほど痩せるというわけではありません。

 

分量は必ず守ってくださいね。

 

効果には個人差がありますが、最低一週間は続けてみましょう。