効果的なダイエットの食事法

蒸し黒豆の作り方

 

黒豆ダイエットの基本形は、乾燥状態の黒豆を70g毎日摂取することでしたね。

 

その分量がキチンと守られているかどうか、一番わかりやすいのは蒸した黒豆です。

 

乾燥した状態で量って、数日分を蒸しておくと便利ですよ。

 

最初から切ったり、つぶしたりしている加工品とは違って、「実際に食べている黒豆の量が少なすぎて、効果が激減」などということも防げます。

 

また、皮の部分も余すことなく摂取できるので、食物繊維も豊富です。

 

煮豆はもちろん、サラダやごはんに和えるなど、甘くも辛くもアレンジがきくのもうれしいところです。

 

今回は、そのベーシックな蒸し黒豆の作り方をおさらいしたいと思います。

 

まずは、乾燥した黒豆を1日70g×日数で計算しておきましょう。

 

そして、数時間水に浸してふやかしていきます。

 

およそ5〜6時間はかかりますので、夜寝る前に仕込んでおくことをオススメします。

 

水分を吸って本来の大きさに戻った黒豆を、15分ほど蒸します。

 

15分というのは、ひとつの目安です。

 

黒豆の種類によって異なりますので、状態によって時間を調整してください。

 

また、最近人気の圧力鍋ではより簡単に調理できるので要チェックです。

 

圧力鍋を使用する場合も、一晩しっかり水分を戻します。

 

そして、蒸し器とお水を入れた圧力鍋に黒豆をセットし、弱火でおよそ10分ほど加圧していきます。

 

時間がたちましたら、圧が下がるまで放置しておくだけです。

 

蒸し黒豆は、カップ1杯強で焼く1日分になりますので、参考にしてください。