効果的なダイエットの食事法

黒豆入り野菜炒めのレシピ

 

黒豆ダイエットが広く知られるきっかけとなったテレビ番組でも紹介された、黒豆入りの野菜炒めのレシピについてご紹介します。

 

「毎日70gの黒豆を食べる」というシンプルなルールのため、飽きずに続ける工夫が必要な黒豆ダイエット。

 

そこで、番組ではあらゆるレシピも一緒に提案されていました。

 

なかでも、野菜炒めは作り方がカンタンで、しかも材料費もリーズナブル。

 

好きな具を入れていけば、いくらでもアレンジがきくとあって、とても人気です。

 

では、そんな黒豆入り野菜炒めの基本的な作り方をご案内しましょう。

 

まず、乾燥した状態で販売されている黒豆を蒸していきます。

 

水がしっかりかぶるまで、たっぷりの水を黒豆に含ませていきましょう。

 

時間にして数時間ですので、寝る前に仕込んでおいたり、お昼前に夕飯のためにセットしておくとよいでしょう。

 

そして、十分に水分を含んだ黒豆を蒸します。

 

次に、お好みの野菜をきざみましょう。

 

どこのご家庭でも冷蔵庫にありそうなキャベツ、にんじん、たまねぎ、ピーマン、もやし、しいたけなどがオススメです。

 

それぞれ、洗って皮やヘタ、タネ、根をとるなど下ごしらえをしたら、一口大に切っていきます。

 

そして、フライパンに油をひき、適温になったところでにんじんとたまねぎを炒めましょう。

 

火の通りにくいもの、火が通ったほうが甘くやわらかくなるものを先に入れていきます。

 

もやしは水分を出しやすいので、最後にサッと炒めていきます。

 

最後に、蒸した黒豆を投入し、塩・こしょうなどで味付けをしたら完成です。

 

お好きな方であれば、食べる直前にお酢を少し入れてみるのもオススメ。

 

お酢は黒豆の成分の吸収を助ける働きがあるので、ぜひ試してみてください。