効果的なダイエットの食事法

黒豆入りお好み焼きのレシピ

 

黒豆を使った料理は、水煮した黒豆をペースト状にすれば、さらにアレンジの幅が広がります。

 

今回は、なんとお好み焼きに黒豆を入れてみたいと思います。

 

まずは、乾燥黒豆を水に漬けてもどしましょう。

 

半日、もしくは一晩水に戻し、15〜20分ほど、蒸していきます。

 

このとき出た煮汁と、黒豆をいっしょにミキサーにかけて、ペースト状にします。

 

あとは、普通のお好み焼きを作る要領とそう変わりません。

 

お好み焼きの粉、すりおろした長いも、玉子、ダシの素、そしてお好みでキャベツや魚介類などの具をボールにあけ、黒豆ぺーストと混ぜ合わせていきます。

 

その間、ホットプレートまたはフライパンをよく熱しておきましょう。

 

温まった鉄板に、油を引いたら、混ぜ合わせた具を円状に伸ばして焼いていきます。

 

きつね色の焼き目が付いたら、へらで返し、裏側もよく焼いていきます。

 

見た目がきれいでも、食べたら内側がべちゃべちゃ…なんてことがないように、中まで火が通っているかしっかり確認していきましょう。

 

確認の仕方は、竹串などでつついてみることです。

 

刺した串を抜いたとき、生の生地がくっついてこなければ、焼けている証拠。

 

あとは、好きな調味料をつけたら完成です。

 

マヨネーズはカロリーが高いので、控えめにつけていただきましょう。

 

おすすめはやっぱり、ソースやかつおぶし、青ノリなど。

 

たっぷりかけて、お召し上がりください。