効果的なダイエットの食事法

調味料は目分量ではなく正しく量る

 

ダイエットをしている人は、外食よりも家食がおすすめです。

 

外食は濃い目の味付けのものが多く、量の調節も出来ないことが多いので、ついつい食べ過ぎてしまうことにつながります。

 

また、カロリーも高くなります。

 

家で作ると、調味料の量も調節が可能ですし、少しの工夫でカロリーを減らすことも出来ます。

 

食べる量も自分で調節できるので、食べすぎるということはありません。

 

自分で料理を作るというのは面倒と思う人もいるかもしれませんが、慣れてくると楽しくなってきます。

 

レシピを見ながら作るというところから始まると思いますが、慣れてくると、調味料なども計らずに目分量になってしまいます。

 

なんとなく感覚でわかるようになるというのは、料理に慣れてきているという証拠でもありますが、そうするとついつい多めになってしまうものです。

 

1つの調味料が多くなってしまうと、味のバランスのためにすべての調味料が多くなってしまい、味が濃くなってしまいます。

 

調味料にもカロリーはありますし、味が濃いと食が進み、ご飯をたくさん食べてしまうことにつながります。

 

料理を作る時には目分量ではなく、正しく測って作るのがおすすめです。

 

特に油はカロリーが高いので、少しでも減らしたいですよね。

 

目分量に頼らず、しっかりと量って使うようにしましょう。

 

少しの工夫で、ダイエット効果にも違いが出てきます。

 

調味料の分量を量るというのは、ダイエットの基本です。