効果的なダイエットの食事法

黒豆の煮汁のレシピ

 

黒豆ダイエットは、毎日黒豆の成分を取り入れるというものです。

 

しかし、毎日同じものを食べるというのは、カンタンなことのようで大変なこと。

 

人間ですから、飽きがきてしまうのは仕方ありませんよね。

 

そこで、とっても手軽に黒豆の成分をしっかり摂取できる、画期的な煮汁の作り方をご紹介します。

 

まずは、黒豆の下ごしらえを始めましょう。

 

黒豆を軽く洗って、たっぷりの水に一晩(およそ5〜6時間)浸します。

 

水分をしっかり吸った黒豆を鍋に入れます。

 

同時に水を1リットル加え、強火で沸騰させていきます。

 

沸騰したら火を弱め、コトコトと水の量がおよそ半分くらいになるまで、煮詰めていきます。

 

20分を目安に、じっくりと煮詰めていくのがポイントです。

 

これで、成分が凝縮された煮汁が出来上がりです。

 

とってもカンタンですよね!

 

保存する場合は、茶こしなどを使って、容器に移していきます。

 

煮物の汁というよりは、お茶のような風味ですので、冷蔵庫で冷やして、お茶代わりに飲むと日常的に取り入れやすくなります。

 

また、煮汁でうがいをすると、のどの健康にも良いとのことです。

 

風邪を引いたとき、花粉症やアレルギーで咳き込んでいるときなど、オススメですよ。

 

もちろん、煮詰めた黒豆もそのまま料理などに加えれば、あますことなく成分を取り入れることができますので、ぜひお試しください。