効果的なダイエットの食事法

黒豆ごはんのレシピ

 

「黒豆って、煮ると結構な量になるな〜」と、思ったことはありませんか?

 

黒豆は、販売している時には乾いた状態なので、少なく感じるかと思います。

 

しかし、一晩水に浸すと水分をたっぷり含んで量が増してしまうのです。

 

いくら黒豆を食べるだけ、といっても煮豆を毎日食べていたら飽きてしまうでしょう。

 

また、同じ味の豆を食べ続けるのは、結構大変なことです。

 

そこで、今回は黒豆ごはんのレシピをご紹介します。

 

いつものごはんを食べる感覚で、自然と黒豆を摂取することができます。

 

しかも、作り方もカンタンなので、ぜひ試してください。

 

まずは、黒豆を用意します。

 

黒豆の量は、だいたいお米3合に対して2分の1カップと覚えておくとよいでしょう。

 

黒豆も、よく水洗いした後、ざるで水気を切っておきましょう。

 

次に、お米をといで、ざるに上げ水切りしておきます。

 

その間に、熱したフライパンに油を引かずに、黒豆を入れましょう。

 

およそ5分程度、乾煎りしていきます。

 

このとき、フライパンに油などはいれないでください。

 

乾煎りした黒豆、水を切ったお米、塩少々、酒大さじ2杯を炊飯器にセット。

 

お米3合と黒豆2分の1カップの場合、水は3.5合より少し少なめのメモリに合わせておきます。

 

そして、30分〜1時間程度は水を吸わせておきます。

 

予約機能を使っておけば、炊き忘れを防げるので便利です。

 

美味しく、手軽に食べれる黒豆ごはんなら、黒豆ダイエットを無理なく続けられるはずです。