効果的なダイエットの食事法

黒豆と白内障の予防効果の関係

 

黒豆に含まれているシアニジンは、「白内障の予防にもなる」と、大きな期待がよせられています。

 

白内障とは、老化により水晶体が灰白色や茶褐色に濁り、ものが霞んだ状態で見える眼の病気のことです。

 

目の奥にある網膜が光をとらえるためには、ロドプシンという物質が必要です。

 

ロドプシンが一度、ビタミンAに分解され、再度ロドプシンへと合成されるのです。

 

網膜では、この循環が行われています。

 

そして、黒豆を摂取することによって、シアニジンがロドプシンの生産を高めてくれるのです。

 

結果、眼精疲労を改善し、視力が良くなる場合も多々あります。

 

そして、シアニジンには体の酸化を予防してくれる成分として有名です。

 

血管が酸化すると、動脈硬化を引き起こすなど血流が悪くなってしまいます。

 

その点、黒豆を多く食べていると、血流の流れがよくなるので、結果的に体全体によい作用が起こると考えられているのです。

 

そのなかでも、目というのは細かい血管がめぐっています。

 

この血管が酸化してしまうことが、白内障になってしまう大きな原因のひとつだと考えられています。

 

ですから、黒豆を毎日取り入れることは、目の健康にとっても非常に喜ばしいことなのです。

 

目の周りの血流がよくなれば、クマも改善されます。

 

また、視力をかばうように姿勢や目つきも変わりますので、魅力的な表情やしぐさも手に入ることでしょう。