効果的なダイエットの食事法

黒豆と眼精疲労の予防効果の関係

 

ダイエットをして惚れ惚れするようなプロポーションが手に入ったとしても、顔の表情が優れなければ、美しくなったとは言えませんよね!

 

“目は口ほどにものを言う”とはよくいったもので、目の周りが疲れていては、ステキな笑顔もできません。

 

ダイエットをして、キレイになるなら“瞳”もしっかりケアしたいものです。

 

最近の私たちのライフスタイルは、携帯電話にパソコン、そしてゲームなど目を酷使するものがあふれています。

 

駅やバス停にある広告もいつの間にか液晶画面となり、電車内にも映像を写すモニターが搭載されたものも少なくありません。

 

その眼精疲労を、そのままにしておくと目つきも悪くなり、姿勢も崩れてきます。

 

バランスの悪い顔&体になってしまう原因になってしまうのです。

 

その点、黒豆ダイエットなら、トラブルを同時に解決してくれちゃうんです!

 

目が疲れると、網膜で光をキャッチするロドプシンという物質を作る能力が衰えていきます。

 

黒豆に含まれるシアニジンが、この能力を向上させ、視力回復にも一役買ってくれるというわけです。

 

さらに、シアニジンに抗酸化作用(体をさびつかせる活性酸素の働きを抑える)があります。

 

血管を健やかに保ち、血流を浴してくれるので、白内障、夜盲症、網膜炎など目の病気を予防する効果もあります。

 

黒豆のパワーで、脂肪とも眼精疲労ともおさらばしちゃいましょう!