効果的なダイエットの食事法

黒豆とメタボ予防効果の関係

 

黒豆は、別名、黒大豆というように大豆の仲間です。

 

一般的な大豆と同じグループではありますが、含まれる成分はまったく違います。

 

なぜ大豆ダイエットではなく、黒豆ダイエットなのか…。

 

それは、含まれる成分がまったく違うからです。

 

その効果の違いは、こんなラットの実験でも明らかになっています。

 

まず、黒大豆と普通の大豆、2つの餌を用意しました。

 

そして、それぞれのえさを30日与え続け、腹部の脂肪量を測定したのです。

 

ここで注目して頂きたいのは、大豆の皮を含めて与えているという点です。

 

そして、30日後、黒大豆の餌をあげたラットたちと、大豆の餌をあげたラットたちを比べてみると、黒大豆の餌を食べたラットたちのほうが、お腹についた脂肪の量が減っていたのです。

 

それは、黒豆の皮が黒い色をしているから。

 

この色を作り出しているのはシアニジンというポリフェノールの一種です。

 

このシアニジンには、体脂肪を溜め込まない効果があるのです。

 

また、体の中の脂質を対外に排泄させ、腸内で吸収されるのも防ぎます。

 

元々あった脂肪の量も減らし、さらに新しく摂取した脂肪の吸収も抑えるというダブルの効果が期待できるのです。

 

なので、腹部の内臓脂肪によってメタボリックシンドロームの方には、ぜひ黒豆ダイエットをおすすめします。