効果的なダイエットの食事法

黒豆とデトックス効果の関係

 

デトックスとは、体内に溜まった老廃物や毒素を取り除くことを意味します。

 

解毒することで、体の代謝機能が高まり、美容と健康につながります。

 

鉄のくぎなど酸化すると「さびつく」といいますが、人間の体も不摂生な生活を続けていくと、さびついてしまいます。

 

これは、紫外線やストレスなどが主な原因となってできる、活性酸素の仕業です。

 

活性酸素が増えると、細胞が酸化してしまい、動脈硬化を引き起こしたり、ガン細胞を生み出したりするのです。

 

そして、細胞ひとつひとつが老いてしまうので、肌や髪など外見的にも美しさが損なわれていきます。

 

艶やハリがなくなり、シミやシワも多くできてくるでしょう。

 

まさに、鉄がさびつくともろくなってしまうように、私たちの体も酸化するとボロボロになってしまうのです。

 

しかし、黒豆には、このような酸化作用を抑えてデトックス効果を高める働きがあります。

 

それは、あの黒い色を生み出しているシアニジンという色素によるものです。

 

これは赤ワインやチョコレートに含まれていることでも有名なポリフェノールの一種で、「アントシアニン」と呼ばれています。

 

このアントシアニンに、活性酸素を取り除く働きがあるのです。

 

アントシアニンと聞いて、ブルーベリーを思い浮かべる方も多いのですが、黒豆のアントシアニンとブルーベリーのアントシアニンは違うのでご注意を。

 

黒豆に含有されているアントシアニンは「シアニジン−3−モノグルコシド」と呼ばれるもの。

 

アントシアニンが90%以上も占めているので、その効果は強力です。